眼の病気ガイド
  • 文字サイズ変更
  • Small
  • Medium
  • Large
     

その尿・内分泌系の悩みは、血行障害が原因かもしれません!

こんな生活習慣を送っていませんか?

  • 夜更かし・睡眠不足
  • 食べ過ぎ・飲み過ぎ
  • 肥満・標準体重オーバー
  • 運動不足
  • ストレスがたまりやすい
  • 甘いものが好き
  • お酒の付き合いが多い
  • 脂っこい食事が好き

失神する

熱・のぼせ

頭痛

めまい・立ちくらみ

見にくい

視野が狭くなる

目がかすむ

光に弱い

皮膚
たるみ

ニキビ・吹き出物

肌荒れ

過剰な皮脂

白髪

抜け毛・薄毛

免疫
風邪を引きやすい

鼻・のど
咳・鼻水が多い

のどが渇く

心臓
動悸・息切れ

胸部の痛み

歯周病

口臭

睡眠
不眠症

夜間頻尿

胃腸
吐き気

異常な食欲

味覚異常

腹部膨満感

ゲップ・おならが多い

膀胱・泌尿器の痛み

睾丸の痛み

ED(インポテンス)

多量のオリモノ

便秘

手・足・肩・腰
手足のしびれ・ふるえ

冷え性

腰痛

肩こり

神経痛

足がつる

血栓による血行障害のメカニズム

血液は、酸素や栄養素を各器官の細胞に届ける役割を持っています。
しかし、血栓ができて血管に詰まってしまうと、そこから先には酸素と栄養素が運ばれなくなるため、細胞が壊死してしまいます。すると、各器官の働きが停止し、生命活動ができなくなってしまうのです。
とくに脳の場合は、呼吸や意識をはじめとした生命維持の中枢にあるので、重篤な症状に陥ります。また、一命を取り留めたとしても神経系や言語を司る部位に損傷がある場合は、深刻な後遺症を患う可能性が高い病気です。

血行障害を治すには…

(1)食事療法

<メリット>
・必要な栄養素を自分でとれる
・献立を工夫することで、糖尿や 高脂血症なども予防できる
<デメリット>
・献立を考えるのが面倒
・好きなものや食習慣はなかなか変えられない

(2)運動療法

<メリット>
・血流を良くする
・血糖値を下げる
・肥満を防ぐ
<デメリット>
・体を動かすのがおっくう
・糖尿性腎症を患っていると、運動が制限される場合がある

(3)薬物療法

<メリット>
・症状や状態に合わせて専門医が投薬してくれる
・飲むだけで良い
<デメリット>
・経済的負担がかかる
・通院、服薬が面倒
・完治を約束するものではない

血栓をできにくくするためには、飲み過ぎ、食べ過ぎなどの生活習慣を改める必要があります。乱れた生活習慣は、糖尿や高血圧、脂質異常を引き起こし、血栓の危険因子になってしまいます。
上記の療法を取り入れ、根気よく取り組むことで、危険因子を1つでも減らしていくことが大切です。

しかし、これら3つの方法は、必ずしもすぐに効果があったり、急性期の治療にはリスクを生じる場合があります。近年では、血栓を溶かす素材として食用の赤ミミズ(ルンベルクス・ルベルス=LR)に注目が集まってきました。
ルンベルクス・ルベルスには、「ルンブルキナーゼ」という酵素が含まれており、血栓を溶かす働きがあることが実験の結果から明らかになっています。