眼の病気ガイド
  • 文字サイズ変更
  • Small
  • Medium
  • Large

頻尿

頻尿について

皆さんは「トイレの悩み」はありませんか?
人生の折り返し地点を過ぎたころからやたらと尿の回数が増えた、という方が実はけっこ
うおられます。頻繁にトイレに行きたくなるのにたいして出ない、それなのにまたトイレ
に行きたくなるというのが、典型的な頻尿症状です。

今回は、なかなか人には話しづらい「頻尿」ついてお話します。

頻尿

頻尿とは

頻尿、尿意切迫感、尿もれなどの「排尿に関する悩み」を抱えている人は、40歳以上の
12.4%と言われています。およそ7人にひとりがこの症状に悩まされている計算です。ま
た年齢とともに割合は増え、50代では約60%、80代では実に90%以上の人が夜間に1回以
上トイレに行くと答えています。男女ともに、思った以上に排尿に悩みを抱えている人は
多いようです。

また頻尿とは、排尿の回数が昼間に8回以上、夜間に2回以上、合わせて一日に10回以上
あることがひとつの目安と言われています。ちなみによく間違われるのですが、大量に水やジ
ュースを飲んだときに尿の回数が増えるのは頻尿ではなく「多尿」といいます。大量の尿が出ているだけで生理現象の一つですので。問題はありません。

頻尿を改善するには?

膀胱炎やそのほかの病気が原因でない頻尿の場合、自力で改善することができます。
できる限り薬や治療に頼らず、何とか治したいという方のために自分でできる改善方法をご紹介します。

膀胱訓練法

頻尿の原因の一つが、「少ない尿量でも尿意を感じてしまう」ことにあります。膀胱は、
ちょうど水風船のようなもので、尿がたまっていないときはしぼんでいるのですが、腎臓
から尿が作られて流れ込んでくると次第に膨らんでいきます。
通常150ml~200ml、ちょうどコップ一杯ほど尿がたまると尿意として自覚されるのですが、
頻尿の方の場合は、それ以下の量でさえも尿意として感じてしまうため、少し尿がた
まっただけですぐにトイレに行きたくなってしまうのです。このように、膀胱が過敏であ
るために頻尿になってしまうケースは少なくないようです。

これをヒントに編み出されたのが「膀胱訓練法」です。膀胱訓練法はセルフトレーニングの一
種で、毎日少しずつ訓練することによって膀胱の容量を徐々に増やし、尿の回数を減らすことができます。

【膀胱訓練法の簡単なやり方】

頻尿

最初は、自宅でリラックスしているときに始めるとよいでしょう。必要な物は「時計」だけです。
自宅で尿意を感じたら、まずは5分だけ我慢して、5分経ったら普通にトイレに行きます。
訓練はたったこれだけでとても簡単です。
あとは5分の我慢ができることがわかったら、10分、20分と時間を伸ばしていってみましょう。
時間を伸ばしても我慢ができること、決して漏れたりしないことが分かればそれが自
信につながります。コツはたった一つだけ、決して無理しないことです。「出来るときに
出来るだけやる」のがポイントです。

これまで常に膀胱が空っぽであることに慣れていたために、最初は少し我慢したただけで
も排尿したくなってしまいますが、慣れとは不思議なもので次第に膀胱の容量が増え、
ある程度溜まっても気にならなくなります。

【飲み物の工夫】

大量の水分、利尿作用のあるものやアルコールは尿意を意識させやすくします。コーヒ
ーや緑茶、アルコールなどのとり過ぎには注意しましょう。またナイトキャップは眠りを浅
くして夜間頻尿になりやすいので、できるだけ避けたほうが賢明です。せめて眠る3時間
前には飲酒を止めたいところです。眠る直前にしっかりとトイレに行くことも忘れないでください。
たまに、頻尿や夜間覚醒を避けるために水分を控える人がおられますが、これはよくあり
ません(基礎疾患があったり、医師に指導された場合は除きます)。水分量が少なくなると
「濃縮尿と言って通常よりも濃い褐色のにおいの強い尿がでます。濃縮尿が出た場合は
水分不足のサインですので、こまめな水分補給を心がけましょう。

【頻尿に効くツボ】

病気が原因でない「神経性の頻尿」の場合に有効なツボが「中極(ちゅうきょく)」です。
中極はおへそからまっすぐ下に降りて行って、ちょうど恥骨のいちばん出っ張ったところ
から上へ親指一本分のところにあります。その場所を左右の手の中指を重ねて、ゆっくり
上から押さえましょう。リラックスしたまま3秒数えたら、今度はぐっと強く押さえて
みましょう。今度は7秒続けます。もう一度3秒数えながら緩めていきます。リラックスし
ているときや朝晩など、無理のない範囲で続けてみるとよいでしょう。

「さっきトイレに行ったばっかりなのに、また……」思わずため息がこぼれてしまうことでしょう。
しかし膀胱炎や感染症などの病気ではない頻尿は、薬を使わずに「自分の力」で治すことができ
ます。特に膀胱訓練法はちょっとした筋肉トレーニングのようなものなので
自分の努力次第で膀胱容量をどんどん増やすことができます。
上手に楽しみながらセルフトレーニングしていきましょう。

まとめ

・病気が原因でない頻尿は、多くの場合「膀胱の過敏性」が原因です。
・膀胱訓練法を行うときは、ストレスにならない範囲で行いましょう。
・ほどよい量の水分摂取を心がけましょう。
・ナイトキャップは夜間頻尿の元。お酒はほどほどに。

糖尿病の本当の原因